サイトメニュー

咬筋を抑えて小顔になろう

カウンセリング

初めて小顔施術を受ける方のために

顔のエラは骨が張り出すことで膨らんでいると思うかもしれませんが、骨が過度に発達している人はそれほど多くはありません。またエラ骨は削れる量に限界があり、削ったけど顔があまり小さくならないというケースは多いです。顔太りの原因で最も多いのは咬筋の発達で、食いしばりや歯ぎしりが関係しているケースが目立ちます。これらの習慣は無意識のうちに行われていることが多いので、気づいたら以前より顔が大きくなっていたという現象が起きるわけです。咬筋が発達している人は相当な厚みがあるため、ボトックス注射で咬筋を和らげていく対策が効果的です。エラ骨削りよりもボトックス注射のほうが小顔効果が大きいのが普通で、見違えるようにフェイスラインが細くなったという声は少なくありません。ボトックス注射で咬筋を緩和することで、血液やリンパの循環をよくするメリットも期待できます。肌細胞にたくさんの栄養素と酸素を届けられるようになるので、アンチエイジングとしても役立ちます。顔がむくみやすい方、たるみが気になってきた方なども試してみてください。

ボトックス注射によるエラ解消施術を受けられるのは、美容整形などのクリニックに限定されます。サロンや整体などでは小顔矯正を行っているところがありますが、咬筋を緩和させることはできません。ボトックス注射を希望される方は、美容整形でカウンセリングを受けてみましょう。ここで顔太りの原因が正確に診断され、適切な治療法の提案をされます。ボトックス注射は簡単な施術と思われていますが、実際は非常に難易度が高いです。どこにどのくらい注入するかがポイントで、場所や注入量を誤ってしまうと表情を作れなくなる、口角が上がらなくなる、などの問題が発生してきます。またどんなにベテラン医師が施術をしても、ある程度のダウンタイムは発生すると考えてください。注入部位に腫れや内出血を起こすことがあり、完全に消えるまで1週間くらいかかる場合もあります。エラの小顔効果は永久に続くものではなく、一般的に6ヶ月くらいになるので定期的な施術が必要です。何度か施術を受けると持続効果が長くなることが多いので、最初から複数回の施術を想定しておきましょう。

Copyright© 2019 輪郭の悩みを一度に解決できる魅力的な手術法 All Rights Reserved.