サイトメニュー

施術後は血行促進させない

カウンセリング

効果が表れ始めるのは施術から1か月後

ボトックス注射と言うと、張ったエラを縮小させる美容整形として利用されることが多いです。この大きなメリットの一つが注射のみの施術となるため、施術後の制限がないことを挙げられます。施術した当日にメイクをすることもできますし、仕事を行うことも可能となっているため、忙しい社会人にも人気が高いです。同じくエラを縮小させる美容整形としてエラ削りを挙げることもできますが、こちらは施術時間も長く入院も余儀なくされています。ただ、ボトックス注射をした後は、激しい運動や熱い風呂への入浴は避けた方が良いと言われています。何故ならば、エラに注入したところで作用させるため注入個所に定着してもらう必要があるからです。激しい運動や熱い風呂に入ると、血の巡りが良くなって注入液がその部位に定着する前に全身に回ってしまう可能性があります。それで全身に害を及ぼすことはまずありえませんが、当然のことながらエラ縮小のための効果は半減してしまいます。そのため、施術後は基本的には穏やかに過ごすのが理想です。

エラ縮小のためにボトックス注射を利用するとき、効果が表れる時間を知っておく必要があります。というのも、顎の筋肉を使用できないようにして細らせていくのがこの施術の主旨だと言えるからです。施術した直後に得られる効果はあくまで筋肉を弛緩させるだけであって、見た目に大きな変化を及ばせるものではありません。一般的には、施術してから1か月後ほどに変化に気づくようになりますが、体質によってはもう少し長くかかるケースもあります。そして、効果が表れ始めてから数か月ほどエラが縮小していき、施術から役半年ほど続きます。そのため、大切な日に合わせてボトックス注射を受けようと考えている人は、その大切な日の半年くらい前に施術しておくと一番効果が表れた状態で当日を迎えることができるでしょう。また、効果が切れても顎の筋肉を酷使しないようにすれば肥大化することはありませんが、酷使する場合だとまた元に戻ってしまいます。そのときは再度ボトックス注射を利用すると縮小していきます。

Copyright© 2019 輪郭の悩みを一度に解決できる魅力的な手術法 All Rights Reserved.